相続税と遺言 についての記事一覧 | 遺言書が見つかったら 相続税はいくら?

相続税と遺言

HOME » 相続税と遺言

相続税と遺言書の相談

愛する人が天に召されたという事実だけでも、精神的な負担はかなりのものになります。
普段ならできる行動も、できなくなります。
しかも遺言と相続税の問題は、冷静になっている時でさえ頭が痛い問題です。
大切な人を亡くした身でありながら手続きを進めるのは、あまりにも酷な話です。
そこで頼りになるのが、専門家です。
相続税と遺言書の相談 の続きを読む

相続税の税率

相続税の計算になくてはならないのが、税率です。
しかし相続税にいくら税率がかかるかについては、意外と知られていません。
「遺言書によってもらった財産だから相続税はかからない」とおもわれるかもしれませんが、例え遺言書で指定されていたとしても、相続税はかかります。
相続人以外の人が引き継いだとしても...。
そこで万が一のためにも、相続税の計算と税率について取り上げます。
相続税の税率 の続きを読む

相続税対策

相続税の支払いは大きな負担となっており、時には生活そのものを圧迫しかねません。
そこでおすすめしたいのが、相続税対策です。
相続の対策をしっかり立てていれば、支払う相続税を抑え込むことができます。
相続税対策 の続きを読む

相続税の控除

遺言書の通りに財産を分与したら、分与した分の相続税がかかります。
税金なので、いかなる理由があっても必ず支払わなければいけません。
しかし時と場合によっては、相続税の支払いが困難になることがあります。
そこで「控除」です。
控除を上手く利用すれば、相続税を0円に抑えることができます。
相続税の控除 の続きを読む

相続人が持つ最低限の権利

被相続人は生前に遺言書を作成することにより、財産を誰に相続させるのかを決めることができます。
遺言書で財産分与を指定することを「指定相続」と言います。
しかし指定相続で財産が分与されると、特定の人だけが有利になるのは否めません。
また本来の相続人が、不利になることもあります。
そこで注目したいのが、「遺留分」です。
相続人が持つ最低限の権利 の続きを読む

基本中の基本の計算方法

相続税の計算をきっちり進めようとすると、かなり面倒です。
そこで、相続税の計算において基本中の基本を取り上げます。
基本中の基本になるので、把握した所で相続税の計算が全てできるとは限りません。
でも基本中の基本が出来ていなければ、相続税の計算を把握することは不可能です。
基本中の基本の計算方法 の続きを読む

相続税の専門家

遺言書があってもなくても、相続税のシステムは複雑怪奇であるのに変わりはありません。
理想を言えば「相続税0円」がベストですが、例え「相続税0円」だとしても何もしなくて良いという訳にはいかないのです。
そこで頼りにしたいのが、専門家です。
相続税の専門家 の続きを読む