基本中の基本の計算方法 | 遺言書が見つかったら 相続税はいくら?

基本中の基本の計算方法

HOME » 相続税と遺言 » 基本中の基本の計算方法

相続税の計算をきっちり進めようとすると、かなり面倒です。
そこで、相続税の計算において基本中の基本を取り上げます。
基本中の基本になるので、把握した所で相続税の計算が全てできるとは限りません。
でも基本中の基本が出来ていなければ、相続税の計算を把握することは不可能です。

まずは相続税がかからない、基礎控除額を求めましょう。
基礎控除額は「3,000万円+600万円×法定相続人」で、割り出すことができます。
例えば法定相続人が妻と子供2人の場合、基礎控除額は4,800円です。
相続財産が4,800万円以下であれば、相続税はかかりません。
仮に財産が4,800万円を超えていたとしても、基礎控除額分は引かれます。
例えば相続財産が1億円あったとすれば、基礎控除額4,800万円が引かれ5,200万円が課税対象です。

次に相続税の割り出し方です。
財産を法定相続分に分与されたとして、実際に計算してみましょう。
法定相続人は妻と子供2人で、相続財産は1億4,800万円あったとします。
基礎控除額は4,800万円になり、課税対象となる相続財産は1億円です。
法定相続通りに分配をするのなら、妻は5,000万円・子供にはそれぞれ2,500万円ずつ振り分けられます。
妻の場合相続税は5,000万円×税率20%-控除額200万円で、相続税は800万円です。
子供たちの場合は2,500万円×税率15%-控除額50万円で、相続税は325万円です。
妻の相続税と子供2人の相続税を合わせると、合計は1450万円です。

ただし注意していただきたいのは、今回取り上げた例はあくまでも一例にしか過ぎません。
特例が加わると、相続税の結果は更に大きく変わる可能性があります。
今回は、基本中の基本の相続税の計算方法について取り上げただけです。
相続税の計算のおおよその流れだけでも掴めることができれば、万々歳です。
詳しい計算内容・実際の相続税がいくら掛かるのかについては、直接税理士まで問い合わせて下さい。