相続税対策 | 遺言書が見つかったら 相続税はいくら?

相続税対策

HOME » 相続税と遺言 » 相続税対策

相続税の支払いは大きな負担となっており、時には生活そのものを圧迫しかねません。
そこでおすすめしたいのが、相続税対策です。
相続の対策をしっかり立てていれば、支払う相続税を抑え込むことができます。

典型的な相続税の対策は、生前贈与です。
毎年110万円以内の範囲内で生前贈与を実施すれば、贈与した分は非課税になります。
生前贈与をどのようにして行うかは個人の自由ですが、振込の方が証拠がのこるのでおすすめです。
生前贈与を早い内から実施すれば、相続税をかなり抑え込むことができます。
ただし生前贈与を実行するのなら、年贈与契約書を毎年作成しなければいけません。
契約書は、税務署に贈与したという事実を証明するために用いられます。
また贈与された財産は、贈与された本人が自由に使うことが求められます。
例えば孫に、銀行口座を生前贈与したとしましょう。
しかし孫に行き渡った銀行口座が親の手によって管理されると、税務署から「名義を変えただけでは?」と疑われてしまいます。
相続開始前3年以内の贈与は、相続税に加算されるので要注意です。

遺言書を使って、相続税を抑え込むことができます。
遺言書で「◯◯団体に財産を寄付する」と書かれていれば、寄付した分の財産に相続税はかかりません。
なお相続した財産を相続人が寄付した場合、相続税はかかります。
しかし遺言書で指定すれば相続税がかからないとなると、自分の家族が経営している会社に寄付をしようとする人も当然いるでしょう。
もし税務署から相続税の節税目当てで判断されると、課税対象になるので要注意です。
ただ遺言書で寄付すると記されていた場合、トラブルの火種になってしまうことがあります。
実際に遺言書に指定された団体に押しかけて、トラブルになったケースもあります。

相続税の対策は、今からでも始めておく方が得策と言えます。
しかし自分1人で勝手に進めてしまうと、大きなトラブルを招いてしまいかねません。
相続人になる人と一緒に協力した上で、しっかり対策を立てておきましょう。