相続税と贈与税の比較 | 遺言書が見つかったら 相続税はいくら?

相続税と贈与税の比較

HOME » 相続税と遺言 » 相続税と贈与税の比較

遺言書で財産を譲り受ければ、相続税がかかります。
一方個人から財産を譲り受けると、譲り受けた財産には贈与税がかかります。
2つの税金は一見すると同じに見えますが、何がどう違うのでしょうか。
それぞれの税金について、比較してみました。

相続税と贈与税を比較した際、大きく違う点は税率です。
相続税の場合相続財産が1000万円以下なら10%・1億円以下なら30%かかります。
財産が多くなればなるほど税率が高くなる「累進課税」になっており、最大で55%の税率となります。
一方贈与税は、200万円以下なら10%・1000万円以下なら30%かかります。
贈与税は年間110万円は非課税となっており、110万円を超える分に税金がかかります。

税率だけを見てみると、「贈与税の方が高い」とおもわれるかもしれません。
「相続税対策として贈与をせずに、相続が発生した時に財産を引き継ぐのがベスト」と考えるのも、自然のことでしょう。
でも税率だけで「高い」と判断するのは、時期尚早です。
そもそも相続税は財産の持ち主が亡くなった時、財産を引き継いだ相続人にかかる税金です。
贈与税は、生前中に財産を渡した時にかかる税金です。
贈与する際に「一度に全ての財産を子供に渡す」というのならばまだしも、多くは少しずつ贈与する形になるでしょう。
一方相続の場合は少しずつではなく、のこされた財産全てを一度に与える形になります。
つまり税率だけで「贈与税の方が高い」と判断するのは、間違っています。

もう少し具体的に掘り下げてみましょう。
200万円を贈与した時にかかる贈与税は9万円で、負担率は4.5%です。
金額が高くなればなるほど負担率も大きくなりますが、どんなに多くなっても17.7%が限度です。
一度に全財産を贈与すると税率は確かに高くなるものの、少しずつ贈与すれば意外と税金はかかりません。
財産を贈与するとどのみち税金はかかりますが、節税にはつながります。
税理士と上手く相談した上で、賢く節税に取り組んで下さい。