遺言がある時・ない時 | 遺言書が見つかったら 相続税はいくら?

遺言がある時・ない時

HOME » 相続税と遺言 » 遺言がある時・ない時

遺言ありの時とない時とでは、かかる相続税は大きく変わります。
場合によっては、相続税は数千万円単位と変化することもあります。
ではどういう形で相続税はかかるのでしょうか。
遺言ありの時とない時とで、相続税がいくらかかるのか比べてみましょう。

遺言がない場合、基本的に財産は法定相続分に則って分けられます。
例えば夫が亡くなり、のこされた家族が妻と子供だとします。
すると法定相続分では妻に1/2・子供に1/2ずつ分与されます。
子供が2人いる場合は妻に1/2・子供には1/4ずつ分与されます。
かかる相続税は、法定相続分で得た財産にかかります。
財産が1億円あったとして妻に5000万円・2人の子供には2500万円ずつ分与されます。
すると相続税は、妻は800万円・2人の子供には325万円かかります。

次に遺言ありの場合、基本的には遺言書の内容に従って財産が分与されます。
例えば遺言書に、「妻に全財産を譲る」と書かれているとしましょう。
すると1億円の財産は全て妻のものになり、相続税は1600万円になります。
ちなみに子供には1円も財産が行き渡らないので、かかる相続税は0円です。
しかし例え遺言書で「妻に全財産を譲る」と書かれていたとしても、納得が出来ないこともあるでしょう。
特に子供2人にとっては、面白くありません。
妻も遺言の内容に納得ができなければ、話し合いで財産分与を進めることになります。
また子供は遺留分減殺請求により、最低限の相続財産を確保することができます。

なお相続税の計算は非常に複雑になっており、今回示した相続税が必ずしも正しい額であるとは限りません。
また特例や控除を利用すると、相続税額は更に抑え込むことができます。
あくまでも、遺言がある場合とない場合にかかる相続税の違いについて取り上げただけです。
実際の相続税額について知りたいのなら、税理士に直接相談した方が確実です。
遺言のあるなしだけでかかる税金が大きく変わるということだけでも、把握して頂ければ幸いです。