相続税の専門家 | 遺言書が見つかったら 相続税はいくら?

相続税の専門家

HOME » 相続税と遺言 » 相続税の専門家

遺言書があってもなくても、相続税のシステムは複雑怪奇であるのに変わりはありません。
理想を言えば「相続税0円」がベストですが、例え「相続税0円」だとしても何もしなくて良いという訳にはいかないのです。
そこで頼りにしたいのが、専門家です。

相続税の専門家として1番に名前があがるのが、税理士でしょう。
税理士は税金にまつわるプロフェッショナルで、税理士の腕によって支払う税金が大きく変わると言っても過言ではありません。
税理士の仕事には色々ありますが、代表的な所で言えば会社の会計処理代行です。
会社のお金の流れを把握し、節税できる部分があれば節税へと踏み切ります。
もちろん、相続税の申告も承っています。
被相続人の財産を1つ残らず調査し、遺言と照らし合わせて節税へと務めます。
相続税の申告には様々な書類が必要になり、中には取り寄せるだけでも難しいものも含まれています。
でも税理士の手にかかれば、相続税の申告に必要な書類も簡単に集められます。

しかし相続税の申告に必要な書類を集めて終わりというほど、相続税は簡単ではありません。
もし申告に間違いがあれば、税務調査が行われます。
わざと間違えて税金の支払額を誤魔化した場合、税務調査が入ることは仕方ないことです。
でも意図せずに間違えてしまい税務調査に入られては、たまったものではありません。
「税理士に任せておけば100%大丈夫」とおもわれるかもしれませんが、税理士も人間です。
100%正解を導き出すことは、キャリアがあるプロでも難しいことです。
でも税理士であれば、仮に税務調査が入ってしまったとしてもしっかりカバーしてくれます。
相続人の言い分をしっかりと伝えてくれるので、安心して任せることができます。

相続税にまつわる書籍やサイトは山程あるため、「税理士に頼む必要はない」という意見もあるでしょう。
でも相続税の申告はかなり複雑なもので、本1冊読んだだけでどうにかなるものではありません。
相続税に困っているのなら、税理士に頼るのが1番です。